TOP › インク由来 » 合成

インク由来 » 合成

食用合成色素は、化学的に合成された着色料です。
食品・化粧品・医薬品の着色に添加されるために作られたものであり、日本では「食品衛生法」により、
食品添加物として食品安全委員会(食品安全基本法制定前は厚生労働省)が、ある添加量において
反復投与毒性試験、発がん性試験、変異原性試験で審査し、それらの毒性がないことを確認の上、
厚生労働省が成分規格・使用基準を定めて承認しています。

通常の用途としては、数十万以上もの合成染料が開発されていますが、食品や医薬品を着色するために
安全性が確立し、使用が認可されている色素は極く少数です。

フードプリント・インク.comでは、用途や条件を伺いながら最適なインクの選択・開発を進めていきます。
合成色素の可食性プリントについては、フードプリント・インク.comにご相談ください。

フードプリント・インク使用事例: インク由来 » 合成

1/512345

フードプリントメニュー

フードプリント・インク.comは、お菓子や食品はもちろん、錠剤や繊維などへのフードプリントをサポートいたします。
お客様のご要望やプリント対象物、用途、ロットに応じて、最適なプリンタの選定や可食性インクジェットインクの
選定・インク開発まで対応いたしますので、是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせ