TOP › プリント対象 » 可食性シート

プリント対象 » 可食性シート

可食性シートは「食べられるシート」とも呼ばれ、コンスターチからできたものなど、近年では徐々に一般に
普及しており、フードプリンタを用いて、一般家庭でも写真ケーキやプリントクッキー、キャラクター弁当などを
作ることができるようになってきました。

可食性シートが優れている点は、食品に対して直接プリントするのではなく、シートにプリントしてから必要な
サイズにカットして使用できることです。これにより、あらゆる大きさの食品に対して使用可能な上、
プリントしづらい形状や柔らかさの食品にもデコレーションができるなど、用途の幅が広がります。
一方で、液体や水分の多いものに直接のせるとにじんでしまうデメリットもあります。

フードプリント・インク.comでは、可食性シートの用途と、要求品質を確認しながら、最適な可食性インクジェット
インクを開発・ご提案致します。
可食性シートへの可食性プリントのことなら、フードプリント・インク.comにご相談ください。

フードプリント・インク使用事例: プリント対象 » 可食性シート

1/212

フードプリントメニュー

フードプリント・インク.comは、お菓子や食品はもちろん、錠剤や繊維などへのフードプリントをサポートいたします。
お客様のご要望やプリント対象物、用途、ロットに応じて、最適なプリンタの選定や可食性インクジェットインクの
選定・インク開発まで対応いたしますので、是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせ