TOP › プリント特性 » 乾燥性

プリント特性 » 乾燥性

クッキーや南部煎餅などは、可食性プリントをしてからインクが乾燥するまでに時間がかかりません。
しかし、チョコレートやキャンディ、ガムなど 対象物に油分が含まれている場合やインクが吸収されない
素材の場合には、インクが乾燥するまでに時間を要します。

また、錠剤(その他、カプセル剤、ラムネなど)は、生産ラインにおいて一緒に流れている錠剤同士が接触する
ことが多いため、他の錠剤に色移りするケースがあります。
その他、製造ラインでプリント直後に個別包装される場合もあります。

そういった場合には、可食性インクに乾燥性が求められます。

フードプリント・インク.comでは、条件を伺いながら最適なインクの選択・開発をすすめていきます。
乾燥性が求められる可食性プリントについては、フードプリント・インク.comにご相談ください。

1/11

フードプリントメニュー

フードプリント・インク.comは、お菓子や食品はもちろん、錠剤や繊維などへのフードプリントをサポートいたします。
お客様のご要望やプリント対象物、用途、ロットに応じて、最適なプリンタの選定や可食性インクジェットインクの
選定・インク開発まで対応いたしますので、是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせ