TOP › プリント対象 » 肉

プリント対象 » 肉

まず、食品添加物の使用基準として「食肉」へのプリントは認められておりません。

しかし検印としては認められていますので、最終商品として食肉へのプリントを目的とするのではなく、
出荷する前(加工工場内)の工程で、不良部位をカットするためにマーキングするなどの用途で使用
することは可能です。
ただし、プリントした部分の食肉を販売することはできませんのでご注意下さい。

上記のような、工程内での可食性プリントをご検討の場合は、フードプリント・インク.comにご相談ください。

1/11

フードプリントメニュー

フードプリント・インク.comは、お菓子や食品はもちろん、錠剤や繊維などへのフードプリントをサポートいたします。
お客様のご要望やプリント対象物、用途、ロットに応じて、最適なプリンタの選定や可食性インクジェットインクの
選定・インク開発まで対応いたしますので、是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせ