TOP技術情報 › 可食性インクジェットインクの使用基準について|インク

可食性インクジェットインクの使用基準について|インク

可食性インクジェットインクの使用基準について
  1. 天然色素には使用基準があり、下記の食品には使用できません。
    (1)こんぶ類、食肉、豆類、野菜、わかめ類。(これらの加工食品は除く)
    (2)鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類。

  2. 合成色素には使用基準があり、下記の食品には使用できません。
    (1)野菜、豆類、食肉、わかめ類、こんぶ類(これらの加工食品は除く)
    (2)きなこ、しょう油、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、みそ、カステラ、魚肉のつけ物、鯨肉のつけ物、
      食肉のつけ物、スポンジケーキ、マーマレード、めん類(ワンタンを含む)

  3. 可食性インクジェットインクは、直射日光や高温を避けて指定の環境条件で保管し、製品開封後は
    お早めにご使用ください。

  4. それぞれの国によって、許可されている色素や添加物材料が異なります。
    当社より可食性インクジェットインクの構成原材料を開示致しますので、お客様の方で
    輸出相手国(販売先・使用国)の許可状況をご確認いただき、ご判断ください。
技術情報一覧に戻る
お問い合わせ