TOP技術情報 › 食品添加物とは|インク

食品添加物とは|インク

食品添加物とは
食品添加物は
食品衛生法という法律で、「食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの
方法によって使用するもの」と定義されています。
例えば、食品を形作ったり、独特の食感を持たせるために必要なもの
    食品の色に関するもの(色をとったり、色着けしたりするもの)
    食品の味に関するもの(うま味、甘味、酸味等の味を付けるもの)
    食品の栄養成分を補うために必要なもの
    食品の品質を保つために必要なもの   などです。

食品衛生法で食品添加物に関して定められている主な内容は以下の通りです。
・用語の定義
・指定されたもの以外の添加物の販売、製造、輸入、使用などの禁止
  → 食品添加物には、「指定添加物」「既存添加物」「天然香料」「一般飲食物添加物」の4種類があります。
・添加物の基準、規格の制定
  → 食品添加物の使用基準、製造基準、保存基準および成分規格が制定されます。
    また、基準に反した使い方や、規格に合わない添加物の販売、使用などが禁止されることになります。
・食品や食品添加物に関する表示の基準の制定
・食品添加物公定書の作成
・食品衛生管理者の設置 などです。

尚、食品衛生法で定められている内容は、当然「日本国内」での基準・指定であり、日本以外の国で
使用する場合には、販売輸出先・使用国の法律、許可状況を、事前に確認する必要があります。
技術情報一覧に戻る
お問い合わせ